離婚したいと言われた…応じる必要はなし!今すぐできることとは?

夫から離婚したいと言われた

 

今まで一緒に連れ添ってきた夫からある日突然離婚を告げられたら、ショックやこれからの不安で頭が一杯になりますよね。

そのときにあなたも離婚を望んでいたのなら双方の合意で離婚が成立します。

しかし、あなたが離婚を望んでいない場合、離婚に納得していない場合、今すぐできることはあるのでしょうか?

夫から離婚を告げられて、ただそれに応じる必要はないのです。

そこで今回は、離婚が認められる条件、離婚を告げられたときにできることについてお伝えします。

 

□離婚が認められる条件とは?

離婚が法的に認められるには、民法第770条第1項で決められている5つの離婚原因のうちのどれかに当てはまる必要があります。

以下、その5つの条件を簡単に説明します。

 

*不貞な行為があったとき

配偶者以外の人と、性的関係や肉体関係を持つ不貞行為が認められることです。

不貞行為の場合は、証拠がとても重要ですので配偶者に真相を迫る前にしっかり証拠を掴んでおいた方が良いでしょう。

 

*悪意で放棄されたとき

結婚している夫婦の間には、同居義務、協力義務、婚姻費用分担義務の3つがあります。

このいずれかを果たさない場合、例えば以下のようなケースに至る場合を悪意で放棄された、といいます。

・夫に働く意思がない

・特に理由もなく同居を拒む、他の家で暮らしている

・家出を頻繁に繰り返す

・家の生活費を少しも入れない

 

*生死が3年以上明らかでないとき

配偶者の居場所が不明になり、生存を確認できなくなってから3年以上経っている場合です。

死が確認できないまま3年が経過したとき、「行方不明」から「生死不明」と判断されます。

もし、3年以上経ってから配偶者が戻ってきたとしても、離婚は取り消されることはありませんし、この条件が無効にされることはありません。

 

*配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

うつ病、偏執病、初老期精神病などの精神病の症状がかなり重いものである、先程ご紹介した夫婦間の3つの義務を果たせないと判断されたときに、離婚が認められます。

その判断は、専門医による診断で決定されます。

 

*その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由があるとき

以下のような、結婚生活を続けることが困難なほどの問題が配偶者にある場合です。

・アルコール中毒

・薬物依存症

・暴力や虐待などのDV

・犯罪をしたため刑務所に服役している

このような原因によって結婚生活の相続、夫婦関係の修正が不可能だと判断したときに離婚を提示することができるのです。

 

この5つが法的に離婚として認めれられる要因です。

あなたが離婚を望むのならば、このうちのどれに当てはまるか考えてみましょう。

 

□今すぐ実行できることとは?

*まずは離婚に応じないことを主張する

夫が強い口調で離婚を迫ってきたら、反抗するのが怖くて自分の意思はよそに望んでもいない離婚を認めてしまう人も多くいます。

あなたにも離婚を拒む権利はあるのですからその考えを主張すれば良いのです。

離婚するかしないかの判断は、気持ちの整理がついてから時間をかけて考えるべきです。

 

*離婚の理由を聞く

なぜ、離婚したいのか。

これは離婚を決める前に必ず聞いておきたいことです。

はっきり理由を言ってもらえれば、納得してお互い合意の上で離婚を決定できるかもしれませんし、どうにか措置をとって解決できるかもしれません。

もし、はっきりと理由を言ってくれないようであれば何か後ろめたいことがある可能性もあります。

原因を言ってもらえないときは、まずは友人や家族に協力してもらって少しでも情報を得ることが大切です。

離婚の原因が分かり、その理由に納得できない場合、つまり夫婦の合意がとれないときは離婚起訴へと発展するケースもあります。

後から後悔しないためにも、離婚の原因をはっきりさせることは重要です。

 

*探偵社に依頼する

離婚の原因として浮気が疑われる場合は、証拠を掴むことが必要です。

証拠を掴むことができれば、浮気をした夫は不法行為者とされ、妻は離婚を拒否することができます。

法的に不法行為を犯した配偶者からの離婚要求は、相手が拒否したときは成立しないことが定められています。

そして、浮気をした夫あるいはその浮気相手に対して慰謝料を請求することも可能です。

法的に浮気が認められれば、浮気をした夫は浮気相手と結婚することはできないのです。

 

□さいごに

今回は、夫に離婚を告げられたときに妻ができることをご紹介しました。

もちろん妻に離婚を告げられた夫の場合も同じことが言えますので、ぜひ参考にしてください。

突然、配偶者に離婚を要求されたときは、何もしないのが一番良くない判断です。

何もしないままでいるとどんどん離婚の方向へ進んでしまいます。

誰かに相談する、探偵社に依頼する、自分の意思をはっきり伝えるなど、何かアクションをとりましょう。

 

札幌の女性探偵社オフィス・フルールでは、浮気調査や探偵調査に強い探偵社であり、多数の実績を持っています。

離婚を迫られてお困りの方、夫の浮気を調査して欲しい方など、お悩みを抱える方の力になりたいと考えております。

ささいなことでもお気軽に相談ください。

ささいな事でもお気軽にご相談ください!

札幌女性探偵社 所在地・連絡先

札幌女性探偵社 豊平区本社

〒062-0004
北海道札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階 (国道36号沿い)
TEL 0120-295-007 , (代) 011-707-2500

札幌駅北口相談室

〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西2丁目6番地
37山京ビル4F 417号室 (札幌駅北口徒歩1分)
TEL 0120-295-007 , (代) 011-707-2500