離婚をお考えの方必見|財産分与の際、貯金の分配について解説します

離婚を決心するまでに、さまざまな葛藤があったと思いますが、最後にもう一つ考えなくてはならないのが財産分与です。
離婚を急ぎすぎるあまり忘れてしまったり、知らなかったがゆえに損をしてしまったりということがないように、しっかりと知識を備えておくことが必要です。
そこで今回は、どのような財産がどのように分配されるのかについて解説いたします。

□財産分与を考える理由

離婚するときに、それまでの婚姻中において夫婦で形成してきた財産を清算して分配することを「財産分与」と呼びます。
財産分与は、夫婦が共有している財産がある限り、離婚時に必ず発生するものです。
そのため、仮にあなたが専業主婦であった場合でも、「夫が働いたお金のおかげで生活できていた」と感謝することは大切ですが、その陰ではあなた自身が家庭を守ってくれていたおかげで働き続けられていたことを自覚しておきましょう。
夫婦生活は、職業労働と家事労働で成り立っているため、家事代行サービスで対価が求められるところを、あなたの労務を提供することでその支出をなくしているといえます。

□財産分与の種類

*清算的財産分与

財産分与の大部分はこの種類に該当します。
預貯金や不動産・保険といった、婚姻中に築いた財産のことを清算的財産と呼び、それらの帰属を貢献度に応じて平等に配分できるよう明確にすることを「清算的財産分与」と呼びます。
清算的財産分与は、離婚原因がどちらにあるかは関係なく二人で築いてきた財産を二人で平等に分けようという考え方に基づいています。
そのため、離婚原因を作った張本人である有責配偶者からの請求でも認められます。

*扶養的財産分与

婚姻を解消して離婚する(または、離婚した)ことによって、(元)配偶者の生活が苦しくなる場合に、生活能力を維持できるようになるまでのフォローすることを目的としたのが扶養的財産分与です。

*慰謝料的財産分与

離婚の際には、金銭以外の不動産や土地などの財産を慰謝料の代わりにすることができます。
慰謝料は通常の場合は金銭で払われるのに対して、慰謝料財産分与は金銭以外の財産を慰謝料の代わりにします。
慰謝料的財産分与は、慰謝料とは若干異なるため原則的には別々に請求しなければなりません。

□財産分与に該当する財産とは?

財産分与で大切なことは、その対象となる財産をきちんと確定しておくことです。
財産分与の対象となるか否かをきちんと把握して見極めることが、取り返しのつかない損に繋がる可能性を減らすために重要です。
財産分与の対象となるかどうかは、婚姻中における夫婦間の協力があったおかげで形成、維持されてきたかどうかで判断されます。
この判断基準に該当するものを、「共有財産」と呼びます。
手元にある現金や、夫婦どちらかの名義になっている預貯金に加えて、不動産を夫婦の共同名義で購入したものや、共同生活で必要だった家具・家財なども対象になります。
さらには、株券・社債・有価証券や、婚姻期間中の厚生年金、退職金(将来的に支払われる可能性が高い場合も請求が可能)などといった財産も、共有財産の対象です。
しかしながら、財産分与の対象となるのは、あくまでも夫婦での共同生活を通して築きあげられてきた財産だけです。
そのため、離婚が成立する前であったとしても、別居している状態において個人で取得した財産は協力して得た財産ではないため、財産分与の対象外となります。

□財産分与に該当しない財産

夫婦で協力して築いてきたものではない財産で個人の所有と認められるものは、財産分与の対象外となります。
これは民法でも定められており、「婚姻前から片方が有していた財産」、「婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産」のことを指します。
これに該当する財産が「特有財産」と呼ばれます。
一つ目の婚姻前から片方が有している財産としては、独身時代の預貯金やマンションといったものが考えられます。
二つ目の夫婦間の協力によらない財産は、婚姻中に相続が発生しそこで得られた財産・不動産や、配偶者からのプレゼントなどが考えられます。
しかし、特有財産であっても婚姻中の協力があったおかげで価値の維持が可能であった場合や、価値が高まったと言える場合は、協力性が高くなり財産分与が得られることもあります。

□財産分与を分配する

財産分与の対象となる財産が決定したら、次はそれらの財産をどのような割合で分配するかを決めなければなりません。
先述した通り、専業主婦の方もその労力が認められ原則的には分配は半分です。
しかし、個人の特殊な能力のおかげで高額な資産形成が成され場合には、分与の割合に修正が加えられることもあります。

□まとめ

財産分与は当事者間の合意によって自由に決めることができますが、そうすると対象財産に漏れが発生してしまったり分与の割合を間違えてしまったりすることがあります。
相手が隠している財産の存在を知らなかった場合は、その財産については財産分与の対象から外れてしまいます。
共有財産や特有財産の有無を全て確認し、心残りのないようにしてみてはいかがでしょうか。

ささいな事でもお気軽にご相談ください!

札幌女性探偵社 所在地・連絡先

札幌女性探偵社 豊平区本社

〒062-0004
北海道札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階 (国道36号沿い)
TEL 0120-295-007 , (代) 011-707-2500

札幌駅北口相談室

〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西2丁目6番地
37山京ビル4F 417号室 (札幌駅北口徒歩1分)
TEL 0120-295-007 , (代) 011-707-2500